公開日:2021年3月18日
最終更新日:2021年3月18日

  • 現場にキッティング用PCを持ち込めない
  • まとめて20台新製品を導入する場合、一台づつ媒体を設定して行くのが手間
上記のような場合、「設定カード(Setting Card)」(設定するためのカード)を
カードリーダーライターに読み込ませることで、設定変更を行うことができます。

「設定カード」の読み込み方法

  1. クリーニングスイッチを押しながらカードリーダーライターの電源を入れ、
    「ピッ」と1回音が鳴ったら手を離す

  1. 本体のステータスランプが緑色に点滅しているのを確認し、
    「設定カード」を挿入する

  1. カードの一番下に「COMPLETE!」と印字されれば完了です

 

「設定カード」の作成方法

Windows PCで設定ツールを起動するころで、作成することができます。
設定ツールは、ダウンロードサイトからダウンロードできます。
※設定ツールを使用する為にはOCXドライバーが必要となります。

 

設定カードの作り方.pdf」をご確認ください。
本編ではTCP300IIを例として説明しています。
TCP400でも同様な手順で設定カードを作成できます。

【検索ワード】:設定方法,設定変更,カードリーダー,Setting Card,設定カード,tcp,SMJP001232

対象製品

  • TCP300II/TCP400

タグ

設定変更